• HOME
  • BLOG
  • 未分類
  • http・httpsの違いは何か?どちらでホームページを作るべきか解説します

http・httpsの違いは何か?どちらでホームページを作るべきか解説します

インターネット上でウェブサイトを運営する際に、URLの先頭に表示される「http」または「https」というプロトコルが重要な役割を果たします。しかし、これらの違いが具体的に何であるか、そしてどちらを使用すべきかは、多くのウェブマスターにとってややこしい問題かもしれません。この記事では、その違いと各々のメリットを詳しく解説し、どちらでホームページを作るべきかを明らかにします。

http・httpsとは?

http(HyperText Transfer Protocol)

httpは、ウェブサーバーとクライアント間で情報をやり取りするためのプロトコルです。このプロトコルにより、ブラウザはサーバーからページや画像などのデータを要求し、サーバーからデータを受け取ります。しかし、httpは暗号化されていないため、送受信されるデータが第三者によって見られる可能性があります。

https(HyperText Transfer Protocol Secure)

一方、httpsはhttpにセキュリティ機能を加えたものです。SSL(Secure Sockets Layer)またはTLS(Transport Layer Security)という技術を利用してデータを暗号化し、データの安全性を高めます。これにより、ユーザーが入力した情報や送受信されるデータの機密性が保たれ、安全にウェブサイトを利用できるようになります。

httpとhttpsの主な違い

セキュリティ面の違い

httpと比較して、httpsはデータの暗号化によりセキュリティが格段に向上します。このため、オンラインショッピングや個人情報を扱うサイトではhttpsが必須とされています。また、データの改ざんや盗聴を防ぐためにも、httpsの使用が推奨されています。

パフォーマンスとの関連

かつてはhttpsがhttpに比べてパフォーマンスが低下すると考えられていましたが、現在では技術の進歩により、その差はほとんどなくなりました。SSL/TLSの最適化やHTTP/2の導入により、httpsの速度も向上しています。

どちらでホームページを作るべきか?

ウェブサイトの目的による選択

個人的なブログや情報提供のみを目的とするウェブサイトであれば、httpでも十分な場合があります。しかし、ユーザーに信頼性を提供し、SEOの観点からも有利になることを考えると、httpsは現代のウェブ標準として適しています。

SEOとの関連性

Googleはセキュリティを重視するため、httpsを使用するウェブサイトを検索結果で優遇しています。そのため、SEO対策としてもhttpsへの移行は、検索エンジンによる評価を高めるために非常に有効です。

まとめ

結局のところ、安全性、信頼性、SEOの観点からも、ウェブサイトを構築する際はhttpsを選択することが最適です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。